暮らし

大丈夫・・・。楽しくやってます。

先日、市内のコアワーキングスペースで、打ち合わせの待ち合わせをしようとしていた時のことです。

あいにくの小雨模様で、駐車場は、混み気味。

どこに停めようか迷っていたところ、

会社管理の方が出てきてくださり、無事、駐車場所に車を停められました。

 

3人での打ち合わせでしたが、1名遅れるとの連絡をもらったところで、

先に始めておいてと、電話をもらったばかり。

ほどなく、1台到着に、

車を降り、車に向かって会釈をし、管理の方に指示いただいた場所へ、車を誘導。

『Iさん、お疲れ様です』と、私。

 

車を降りてこられて一言。

『僕、Iさんでは、ないです』

 

固まる私。

 

 

 

 

 

 

恥ずかしかった私は、Iさんを待つことなく、中へ。

Iさんは、既に到着していたらしく、

Iさんと間違えてしまった、その方と、名刺交換している私を見つけ、おまけに何やら言い訳している私の声は、Iさんにも聞こえていたようで、

会うなり、『藤塚さん、何してるん、スカ』。

 

 

知らない人に声かけて、おまけに、ナンパしちゃってる、おばちゃん、1名。浮遊する。

この、おしゃれな空間で。ちょっといけてる感じの人たちが、集う場で・・・。

 

 

 

いつもこんな風では、ないのよ、本当に、本当に。

たまに外に、出るものだから。

雨空への言い訳。

 

 

 

 

ひとくぎり、ひとくぎりで

 

小さくひとくぎり、ひとくぎりで、達成感。

 

ここのところの、ささやかさんは、何か一山超えたら、良しとする、ファミマのカフェラテ。

キャラメルシュガー、一振りがお楽しみです。

昨日は、『あらかわいい』の猫カップバージョン。のど、ごろごろに、いただきました。

 

今日は、山から降りてきて、ウサギが話かけてきたので、早々に。店長は、にゃんこセンセに、交代しました。

 

 

うまくいったこと、うまくいかないこと、繰り返しよねぇ、にゃんこセンセ。

 

スピードアップする景色を、

まばたき、しかっと。

さてさて、来週、再来週!

ニャンばります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年 性格診断テスト

年明け、心ざわつく日々が続いています。

こういうニュースがあると、いつも自分に何が、と、考え、無力を感じてしまいがちです。

 

そんな中、よく聞いているポッドキャストで、これはたぶん収録で、流されていたのは年明けですが、

偶然、役割確認みたいなお話が紹介されていたのでご紹介。

有事の際、いろんな役割が必要となるので、個としての性格をわかっているって大事カモ。

 

ポッドキャスト 『Ossanfm』https://ossan.fm/

性格診断テスト  https://www.16personalities.com/ja

 

私は、どうだったか。

結果、

『性格タイプ: 仲介者』

以下は照会文

仲介者(INFP)は控えめ、または静かそうに見えるかもしれませんが、心の中は情熱であふれ、生き生きとしている人たちです。独創的かつ想像力豊かなので、色々な空想をしながら、さまざまな会話やストーリを作り上げることが好きなタイプでしょう。

全人口のうち仲介者が占める割合はとても低い。

 

性格特性: 内向型 – 54%, 直感型 – 83%, 感情型 – 73%, 探索型 – 51%, 自己主張型 – 75%・・・。

内向的なのに、自己主張が強い!苦笑い。やっかい。

 

世界の端で、この立ち位置で、やっぱりと、納得しつつ、

エンパシー力高めで、円へ勇気を持って。

 

 

 

おばぁちゃんのかぶら蒸し

おばあちゃんのかぶら蒸しが、食べたい

店頭に出始めた、”かぶ”の前で、しばし。

結局、買わないで、帰宅。

・・・。

『かぶら蒸し』食べたい。

 

思うと、毎年、ちょっと寒くなって、底冷え感漂うと、似た様な気分となり、

同じようなことを言っています。

 

わさび、ちょいっと、さっ。

ぎんなん、みっけ、みたいに。

 

畑をやっている夫に、かぶの栽培をお願いしたりもしたけれど、

素人では、てっぷり、でっぷりと、いかない。

今年は、植えてもいないらしい。

 

だいこんも出来始めるので、グループとしては、そっちに献立は傾く。

 

こんなときに、どこでもドアがあったら。

おばあちゃんに向こうで作ってもらって、こっちの食卓に並ぶ系。

 

いつだったか、父が食事を作ってくれた時にも、これが、メニューに。

今頃だったんだろうと。

 

自分で作ると、ちと、違う。それもあるから・・・。

鱈とかさっ、

鶏のつくねの、ふんわりしたやつとか、さっ。

ぎんなん、わさび、・・・。

妄想しながら、今夜は、何にしよう。

 

 

あーっ、あつあつで、ふぅーつ、ふぅーっで、いただきたい。

 

ふぅーつ♪ふぅーっ♪。

 

 

 

 

 

 

 

 

禿散らかしているが、頭は、シャキッつと

禿散らかしている、車の屋根。

だけど、どっこも、調子、悪くない。

愛車、ヴィッツ。10万キロを、少し超えましたけど、相棒。

彼、8年前に買った、中古。納車の際の走行距離は2万キロ。前の方は、ご高齢だったとのこと。バックに特別仕様のヒップラインのセクシーな彼。

働き者で、8年間、病気知らず(故障知らず)

 

 

っと、夫が車を買い替える話が浮上。『定年も迎えて、コンパクトな車に。今日、お金も振り込んだんだよね』

 

我が家の駐車場には、もう一台、でかいのが、自転車通勤の夫を主に、絢爛豪華に。

 

夫の車。

 

中途半端に、だったら、私、乗ろうかな?

 

・・・。言ううじゃ、なかった!!!

 

数週間の試乗。日々続く、夫からの、縦列駐車へのツッコミ。植え込みの枝への接触への、大きな、ツッコミ。

 

所有権、全面アピール。

 

『じゃぁ、いらない』返却。

 

 

トヨタさん、貴方が、塗装のミスを隠すから、こんな所で、夫婦喧嘩になってますよ。

 

禿散らかして、禿散らかして、さえ、いなければ、いい男なんです。

 

わたし、禿が、嫌いなわけではないんです。

 

むしろ、禿で、何が悪い!調子はいいんじゃ、まったくに。

 

いや、でも、禿が、好きなわけでもなく、禿でもいいと。

 

・・・・。

 

全部が違う方向へ。

 

 

 

昔の人は言ったよね。禿なら、ひげでも、生やしとけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の老眼 ナガタのめがね

トンボのメガネは、みずいろめがね♪

 

っと、老眼鏡、新調しました。

老眼1.5、ナガタのメガネ。

 

 

いろいろあるのに、何で、ナガタ?

夫が持ってたケースが、かわいかったので。

 

でもね、ケースは、期間で変わるらしく、結局、夫のものと、とりかえっこ。(ごーいん)

(スキマ時間で、ナガタ2度チャレンジレンジで、ようやくゲット オープン10時なり)

 

っということで、

わたしのろうがん、ナガタのめがね♪

でした。

 

追伸

中野店、お兄さん、親切でした。

 

 

清く 正しく あほやから

『強く、たくましく、泥臭く、そして艶やかに』

連続テレビ小説のキーワードを耳にしながら、

あほやから。・・・。

 

そう言うと、昔っから、そこは、笑っとけばいいのよということに、突っ込みを入れて、震撼させてしまったり、

そこは、聞き流して、流して、どんぶらこ・・・を、追いかけて持ち帰って、ややこしいことにしてしまったり。

あります。

 

 

鶴のごとく、部屋に閉じこもり、機織る日々。

ごちゃごちゃ、やってます。

 

コンビニで、ありがとうと言わない夫。

 

ありがとうは、たくさん言っても、減るもんはないのに。

 

そこんとこ、どーでっか。

 

鴨 カモ エブリバディ 2023

信濃町の秋

今日は、3年ぶりに、近所の美和神社のお祭りです。いつも静かな家の前の通りにも、子供たちの声。

お参りさせてもらって、露天で、お好み焼きと10円焼。

10円焼きは、500円也。お好み焼きは、ちょっと、びっくりクオリティ、美味でした。

美和神社 2923

 

先週末は、第一スーパー飯綱店でお買物でした。

おっ、鴨来てる!地下駐車場から見る鴨、癒されました。鴨スポットいろいろありますが、ここが一番好きです。スマホしか持っていかなかったので、鮮明ではありませんが、秋がやってきたって感じ。楽しみが増えました。

ライフワークに組み込まれた推しスーパーさんです。妙高店の駐車場、カラスのいたずらは収まったでしょうか?古間店で見た、マグロの解体ショーも、おいしい満足、にんまり充実でした。

鴨 カモ エブリバディ、第一スーパー各店。

 

長野は、数日で、すっかり秋模様。

元気に、やってます。

 

五穀豊穣 もくもく田園

 

 

 

大学芋と帯バッグ

善光寺さんの近く友人宅へお邪魔してきました。

犬、むぎゅむぎゅさせていただいて、
善光寺さんまで、お散歩。

(犬は置いていく おしっこ、良くないので)

善光寺近く ミニ柴 犬男1

善光寺 散歩

 

近くに住んでいても、なかなか出かけることの少ない善光寺さん。

教えてもらった
歴代回向柱のお休みの場所。
この辺の人でも、知らない人多いのよねと、彼女。

秋空にそび立つ回向柱に、
シャンとした気分に。

 

と、帯バッグと和柄小物を買いました。
愛でて、華やぐ、シリーズ。

和柄は、いくつになっても、気分華やぎます。

癒しが欲しい、50代半ばの、キュン感は、門前、『糸長』でどうぞ。

言えば、出してくれます。(言わないと、見してくれません)

 

っと、

和柄の小物入れは、敬老の日の母へ、お裾分け。

病院の診察券入れになるわと、言いながらしまいつつ、視線は、私の帯バッグへ。

(これは、あげへんから)

 

 

今日は、いただきもののサツマイモで、大学芋。

仕上がり、イメージトレーニング。

秋ですわ。

 

4冊目の『ライ麦畑でつかまえて』

101 nagano

お盆に息子が帰ってきました。

うだうだ、ぐーたら。

さしたることはせず、過ごす日々。

『じゃあ、帰るわ』

肉も食わせた、寿司も食わせた。

一人暮らしの粗食な日々を想う、母なり、おもてなし。

健康一番。

・・・。

っと、そんな日々。

息子が読んでた文庫本。『ライ麦畑でつかまえて』

お茶の時間に。

『話の内容、まったく覚えていないのだけど、開け放たれた窓、訳した人、すごいよね』私。

息子

机の上に、読んだとこまでにしておいた題名、指摘され、困惑も息子、『それ、何、どこ?』

母、回想。

30年以上前、私の暮らしていた部屋は、父の5人兄弟が集めた本が集積されていた部屋。

題名の同じ本が、時代を変えて数冊。

学生時代に読んだ本。

『開け放たれた窓』の向こうの、アーケードの上なり。

上から見るか、下から見るか。

私は、上を横から見てました。

皆、知らんけど、ここに、四冊目。