せや、せや、忘れてたわ

未分類

コーンフレークに、甘いヨーグルト、バニラアイスに、イチゴに、チョコに・・・。

待ち合わせに良く使った喫茶店のスペシャルなパフェ。見下ろす新京極。

 

向かいの映画館では、自分たちとは全く違う時間が流れていたようで、

今しがた、任侠映画が終わった映画館から、

肩を、いからせた、おじさん、お兄さんが、街へと吐き出されていく。

誰かが気づき、皆が見る、視線の先。

気づけば、コロコロ、とにかく、コロコロ、

笑いすぎるくらいに、皆で、そういうことになっている。

・・・。

 

『きみと私は仲良くなれるのかな この世界が終わるその前に』

 

朝ドラから、聞こえる最初の歌詞に、耳を傾けながら、ちょっと揉めてる友人のことを思い浮かべる。

 

『きっといつか儚く枯れる花』

お互いに、

『今私の出来うる全てを』

って思ってる。

それぞれが持つ慟哭の先、それが違うだけ。

言うほど、理性も、知性もない、

感情が手綱で、鞭も打ち、それぞれの役に向かう。

たぶん、

冷静と情熱のあいだというよりかは、

どこからが情熱で、どこからが、つまらない感傷か。

突き詰めれば、冷静さを手放した、動物的なものだけだったり、すーるっ。

みせる、”ふり”も、

小さい私が私にアドバイスするとおり、

この件、曖昧のまま、沖へ流してしまおうってことか。

勝手に納得。そして、

せや、せや。せやわーつ。

賢くなった、気でいる。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました